講座・お知らせ

乳幼児睡眠アドバイザーの資格取得について

未分類

2022.11.7

 乳幼児睡眠アドバイザーってどんな資格?

『乳幼児睡眠アドバイザー』は、NPO法人赤ちゃんの眠り研究所(愛称:あからぼ)が発行する認定資格です。

 

あからぼは、「乳幼児睡眠の専門知識」と「心に寄り添うサポート」で、赤ちゃんの眠りに悩む家庭に「安心」を届けることを使命に、赤ちゃんの睡眠に関する子育て家庭向けの講座や支援者の育成を行っている団体です。

 

この活動は、わが子の夜泣きに悩んだ1人のママ(代表理事・清水悦子)の小さな一歩から始まりました。

2011年始めに夜泣き専門保育士と名乗って始めた夜泣きのサポート活動。

著書『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』(かんき出版)を出版し、シリーズ26万部以上(2022年11月現在)と、多くのママたちに支持されています。

 

2016年には、任意団体だった赤ちゃんの眠り研究所をNPO法人化し、たくさんの仲間と共に、赤ちゃんの眠りの問題に向き合う信頼できる団体として、多くの小児科医や睡眠の研究者の皆さまの支援も受けながら、一歩一歩、成長を続けています。

 

赤ちゃんの夜泣きや寝ぐずりなどの睡眠問題は、時にママやパパを追い詰め、深刻になると産後うつや虐待などの社会問題にもつながります。

 

私たちは、乳幼児の睡眠発達への理解の促進や、睡眠問題への対処法の啓蒙活動等によって、そのような深刻な事態に陥る子育て家庭を減らしたい。

そして、睡眠不足によって、かわいいはずのわが子を素直にかわいいと思えなくなっているママやパパがその状況から脱し、安心して笑顔で子育てができる社会を目指したい。

 

このような思いで、活動を続けています。

 

このあからぼの思いに賛同し、「伝える」「支える」活動をしていきたいと思ってくださる方のための資格が『乳幼児睡眠アドバイザー』です。

 

各方面の専門家を招いて4日間にわたる養成課程を組んでおりますため、年に1回と少ない開催となりますが、2022年4月現在で、36名の乳幼児睡眠アドバイザーが、各地で支援活動をしてくれています。

 

 

 資格を取得したら何ができる?

  • ちまたでいう”ねんねトレーニング”の背景にある医学的・生理学的・心理学的知識を学び、育児支援活動にその知識を生かし、自信をもってサポートできるようになります。
  • 赤ちゃんの夜泣きなどの睡眠問題について、子育て家庭向けの講座やグループ相談会、個別相談などの自主開催や、依頼される講座の講師を行うことができます。

他にも様々な活動をしているアドバイザーがいますので、是非アドバイザー紹介ページで、現アドバイザーの活動をご覧ください。

 

資格を取得後のサポート体制はある?

あからぼでは、私たちの理念に共感するアドバイザーの活動をサポートすることで、子育て家庭への支援の輪が広がると考えています。そのために、下記に示すような資格取得後に活用していただける各種資料やシステムを用意しています。

私たちは、赤ちゃんの睡眠に関する知識の提供やサポートは、すべての子育て家庭が受けることができるものであってほしいと願い、公共・福祉に資する活動を目指しています。そのため、ママビジネスとして個人が稼ぐことを目的としたコンサルやサポートは行っていませんので、ご承知おきください。

 

  • ホームページのアドバイザー紹介ページでの自己紹介の掲載
  • 赤ちゃんの眠りの講座準備のために使用できる資料の提供
  • 子育て支援センター等へのアドバイザー紹介チラシの送付(年1回)
  • 講座や個別相談の案内のホームページ掲載(掲載にあたっては、福祉的観点を重視しており、数万円のような高額な価格設定の講座等は掲載しないなどの掲載規定を設けています。個人の活動を制限するものではありませんが、完全営利目的での資格活用をお考えの方にはご期待に添えない可能性がありますのでご了承ください。)

なお、事務局の体制や運営指針により、今後サポート内容に変更が生じることもありますのでご了承ください。また、資格講座開催年度の次々年度から、資格の継続のために年会費(12,000円)がかかります。

 

あからぼは、非常にアットホームな団体です。

アドバイザー同士の横のつながりがあり、活動当初の不安や、難しいケースの支援についての相談など、アドバイザー同士も支えあえる環境を大切にしています。

 

 

よくいただく質問 Q&A

Q. 資格は必要ではなく、赤ちゃんの睡眠について学びたいのですが?

資格は必要ないけれども学びたい方向けには、育児支援者1日集中講座(ほぼ毎月開催)や、定期的に勉強会を開いているオンラインサロン「ねんねの教室」もありますので、ご検討ください。

 

Q. アドバイザーになったら、顔写真や名前をホームページに掲載しないといけないですか?

ホームページへの掲載は希望者のみとなっており、義務ではありません。現在でも公的機関にお勤め等の理由で、自己紹介ページを作成していないアドバイザーもおります。

 

Q. どのような人が資格を取得していますか?

助産師、保健師、看護師、理学療法士、作業療法士といった医療職の方、子育て支援センター勤務の方、産後デゥーラやベビーシッター・ベビマ等の民間資格をお持ちの方が多くいらっしゃいます。

 

Q. アドバイザー資格を取得するにあたり、育児支援をすでに実施している必要がありますか?

受講対象者として、「育児支援活動をされている方」、または「これから育児支援活動を予定されている方」とさせていただいております。支援活動の予定はない方の資格取得はお断りさせていただいております。また、アドバイザー資格の取得による開業支援や収入増を目的とする資格ではありませんので、ご承知おきください。

 

Q. 4日間の養成課程のうち、1日だけ日程が合わないのですが、動画視聴等の対応をしていただけますか?

申し訳ございませんが、動画視聴の対応はしておりません。同期メンバーとして横のつながりを大切にしています関係で、4日間、すべての日程をリアルタイムで受講してくださることを資格取得の要件としています。

 

 

その他、ご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。